atelier-noah blog    
May 2020 6月 2020 Jul 2020
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
アトリエノア

( ! ) Warning: : failed to open stream: No such file or directory in /usr/home0/ateli3/virtual_html/myBloggie/menu_image.php on line 12
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0004291064{main}( ).../index.php:0
20.0117685264include( '/usr/home0/ateli3/virtual_html/myBloggie/menu_image.php' ).../index.php:198
30.0117685448getimagesize ( ).../menu_image.php:12
カテゴリー
お客様の声 [4]
アトリエノア通信 [2]
リーセント
ヒグラシの啼く森の夕暮れ
タマムシ
新スタイルで私の森歩き
シルバー以外の地金で作りたい・・・・こんなご相談が増えています
アンサンブルコンサートに行きました
はじめまして ブログを開始しました!
完了しました。
アーカイブ
8月 2011[1]
7月 2011[3]
6月 2011[3]
ユーザーリスト
Admin[7]
検索
組織化
10 Aug 2011   10:26:06 pm
ヒグラシの啼く森の夕暮れ
俳句の季語にもある「蝉しぐれ」の中を歩いてきました。
蝉が一斉に啼き放ち中に入ると、まるで「驟雨」に襲われているように感じます。
「蝉しぐれ」とはよく言ったものだと思います。
一方ではカナカナカナとさみし気に啼くヒグラシは、気温が下がる夕方や明け方に啼くといいます。
決して一斉には啼きません。
いかにも個対個が交信しているようで「啼き交わし」ているようです。
こんなふうに情緒的に感じるのは日本人の感性だけなのでしょうか。

空蝉に 射すゆうやけの 強さかな     風管山人
カテゴリー : お客様の声 | Posted By : Admin | コメント [124] |
09 Jul 2011   10:54:02 pm
タマムシ
タマムシを最後に見たのが10数年前、その時は工房近くの屋敷林の前で事故に遭ってつぶされていて上翅が開いていました。毎年この時期が来るとそこを通るたびに思い出して、あのとき拾っておけばよかったと、生垣の陰や落ち葉の中を注意していたのであります。

そんなタマムシを、森歩きに向かう途中で再び見つけて心の中で狂喜しました。炎天下放置されていたらしく、多少傷がついてはいましたが、大切にハンカチに包んで持ち帰りました。
夕食時に、トレイに乗せたタマムシをワイフに見せると、驚きそして繁々と眺めていました。
翌日ピアノの女子生徒さんにそのトレイを見せたところ、びっくりも喜びもせずに近くの公園にいるらしいことを話してくれたそうです。
そのこと自体が、私には驚きではありますが、いまタマムシが生きているかどうかは別にしても、気をつければまだまだ十分に自然が残っているのではないか、ここはいいところだなア、と改めて認識しました。
住まいからほんの数分のところでモクズガニ、川ガニ、鳩のひなを捕ったこともあります(もちろん元の場所にリリースしました)、ザリガニ、サギ、アオサギ、イタチ、カワセミ、カモ、チョウゲンボウなど出くわしたことがあります。ここ数年のことです。
だから、毎朝のウォーキングを続けられるんです、ネ。
カテゴリー : お客様の声 | Posted By : Admin | コメント [124] |
06 Jul 2011   12:00:02 pm
新スタイルで私の森歩き
飲みかけのドリンクを持ち歩くと泡立って飲めたものではありません。
そこで、飲みかけのペットボトルの空気を吐き出せるような「ペットボトル」を探しにいきました・・・・が、・・・やっぱりあったんです。
ずいぶんと時間をかけて選び、鏡のまえに立って悩んだ末、買って帰りました。
しかし、装着すると、「ナンカ・・・酸素吸入しているようナ・・」と、ワイフが笑っていましたので、実際に使うに当たってはよほど気合を入れて出かけました。
小型のリュックのように背負って、胸の前に伸びたチューブから水分を摂るタイプのもので、ワイフは追い打ちをかけるように、「決死のウォーキングスタイルだ・・・」というのです。
しかし私は、先週の森歩きの暑さには「殺意」のようなものさえ感じていましたから、やはり森歩きを続けるには「トレッキングギア」を使っていこうと考えています。
タグにいわく「ハイドレーション・システム内臓 バックパック 渇く前に飲む アウトドアの新習慣」これですよ、これ。
そして、新装備に押し出されるように今日も夕方、森歩きに出かけるつもりです。
何せ「ハイドレーションシステム内臓」ですから
カテゴリー : お客様の声 | Posted By : Admin | コメント [171] |
02 Jul 2011   09:43:03 pm
シルバー以外の地金で作りたい・・・・こんなご相談が増えています
近頃、シルバーのアクセサリーを見て「金」や「プラチナ」で作れますか?とよく尋ねられます。
もちろん可能ですが、本来が「シルバーアクセサリー」のためのデザインですから、地金の重さには気を使ってはいません。
同じものをK18やPT900で作るとK18ではシルバーの1.5倍、PT900では2倍の重さになり、それぞれの地金価格は数十倍します、それに伴って鎖や金具なども当然高価なものになります。
・・・と、こんな店主の心配をよそに、ご相談が相次いで喜んでいます。
それも金の魅力、プラチナの魔力なのでしょうね。
そんな皆さんは調整・修理を続けながら、きっといつまでもNOAH を使い続けていただけるものと喜んでいます。
もちろんシルバーも手入れをしながら使い続けると、ご存知の方も多いと思いますが、シルバーの人相 が少しずつ変わっていってホントニイイカンジになるものです。
シルバー愛好者はこの変化がたまらないのだと思います。
カテゴリー : お客様の声 | Posted By : Admin | コメント [127] |
28 Jun 2011   09:34:39 pm
アンサンブルコンサートに行きました
先日はワイフのピアノコンサートに出かけました。ワイフはピアノをたくさんの生徒さんに教えています。

わたしは父の日にもらったジャケットの襟に自作の小さな音符のアクセサリーで気分を盛り上げました。

わたしもピアノが弾けて得意な曲は加山雄三です・・・というのは冗談ですが、

音楽は好きだったので大学卒業してすぐ高級電子ピアノを買ったり、ヤマハの発表会に出たこともありました。

ワイフに言わせるとバイエル終了程度で音楽のセンスはすごい!!らしいです。

もちろんワイフに習ったこともあります。

音楽好きなお客様からご注文も珍しくはなく、こんなものを作ったこともあります。(画像添付しようとしたのですが、うまく操作ができませんでした。画像はホームページのリフォームの中にあります)
カテゴリー : アトリエノア通信 | Posted By : Admin | コメント [122] |
 
ページ: 1 2 Next
Powered by myBloggie 2.1.4